南仏プロヴァンスの大自然の魅力

scarabee.exblog.jp
ブログトップ

シチリア(イタリア)へ行ってきました_その5

5日目午後はシチリアの大都市タオルミーナに行きました。

d0153860_06162041.jpg
d0153860_06161069.jpg
この日の初め頃だけ少し雨になりました。用意していた傘は結局ささなくて済みました。
エトナ山と海の両方を楽しめる場所として人気の場所です。
d0153860_05571933.jpg
お天気が良いと青い空、青い海と古代ギリシャ劇場が見える写真のスポットなんですが、この日は生憎の雨模様で太陽光がないとこんなに違うのですね。
d0153860_05571276.jpg
ギリシャ劇場
夏の観光シーズンにはここでいろんな歌劇やコンサートが開かれるようです。

d0153860_05565245.jpg
雨雲が去り太陽が出ると海の色が青くなってきます。
d0153860_05564541.jpg
タオルミーナから見下ろしたナクソス湾
最初に到来したギリシャ人がナクソスを建設したとトゥキディデスが伝えている。




6日目
次にいった町はタオルミーナから北に上がったイタリア南部に一番近い町
メッシーナです。↓
d0153860_05564276.jpg



d0153860_05563766.jpg
d0153860_05563421.jpg
d0153860_05563385.jpg
d0153860_05520068.jpg
昼食を食べたレストランにかわいい猫がいました。
d0153860_05562191.jpg
古代劇場 
いくつもの遺跡を見ているうちに後で写真を整理する段になって
ここはどこ?の世界になってきました。
d0153860_05561920.jpg
d0153860_05561621.jpg
フランス語圏から集まった39人のグループの中に入れてもらいました。

d0153860_05561227.jpg
岩の中から水が湧き出していました
d0153860_05555777.jpg

↓ 最後の観光地はチェファルーです。↓
d0153860_05515696.jpg
この日は夏のように日差しがきつくとても暑かったです。
d0153860_05514886.jpg
9月初めは十分泳げる気候のようです。実は私も機会があればこの青い海に浸かってみようと水着も持参していたのですが、観光する場所が多く、そんな時間は残念ながらありませんでした。
d0153860_05514420.jpg
ティレニア海を見守る大聖堂と小さな漁師の町です。
d0153860_05513672.jpg
d0153860_05513915.jpg
大聖堂の中にはモザイクで飾られたイエスキリストの顔がありました。
d0153860_05512642.jpg



[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-11-12 06:27 | 番外編 南仏以外のお話 | Trackback | Comments(0)

シチリア(イタリア)へ行ってきました_その4


5日目は活火山エトナ山に行きました。
d0153860_06261075.jpg
下界のパーキングからこのようなケーブルが山の中腹あたりまで行ってくれます。
d0153860_06260697.jpg
もちろん時間と体力のある人は歩いて登れます。
d0153860_06260382.jpg
今でも時として爆発するこの山は溶岩が流れた後の灰色の山です。
d0153860_06255908.jpg
標高3340m 富士山より少し低いです。

d0153860_06215853.jpg
ケーブルが到着する地点からは専門のガイドが案内してくれる4輪駆動の小型バスで
頂上近くまで行ってくれる。そこからは徒歩になる。
d0153860_06213262.jpg
歩いていく途中でマウンテンバイクで山を降りるという3人組を取材しているところに出くわす。話し声に耳を傾けるとフランス語、どうやらフランス人が自転車でエトナを降りるようだ!こんなことを出来るのはやっぱりフランス人かな!

d0153860_06212835.jpg
中心の頂きは60万年前頃の噴火で海底から隆起したとのこと。
d0153860_06212055.jpg
下界は半そでで夏のように暑かったですが、山はダウンの厚手の上着が必要です。
用意のない人には5ユーロほどでケーブルの降り場で貸してくれます。
もちろん登山靴もありました。観光客には至れり尽くせりです。
d0153860_06210065.jpg
とにかくシチリアに来た人は一度は登るところなのでしょう。
朝一番でケーブルカーに乗らないと待ち時間が段々長くなります。
ガイドさんはよく慣れている方なので今日は朝一番でエトナ山、ホテルを出るのもいつもの観光より早い時間でした。
d0153860_06163180.jpg
私は晴れ女なので、エトナ山もよく晴れ渡り視界もよかったです。

この日の午後はタオルミーナに行きました。↓続く
d0153860_06162041.jpg





[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-11-12 05:56 | 番外編 南仏以外のお話 | Trackback | Comments(0)

シチリア(イタリア)へ行ってきました_その3

4日目はピアッツァ・アルメリーナ近郊の森
カザーレのローマ離宮 に行きました。

内陸部のエンナ県下、人里離れたと山の中で第二次世界大戦後、見事なモザイク床を持つローマ時代の屋敷跡が発掘された。今では世界文化遺産にしていされ、シチリア観光屈指の場所となっています。

d0153860_06431920.jpg
浴槽の湯を沸かす施設

d0153860_06431523.jpg
湯を沸かしその蒸気で室内を温めたりしたらしい。
d0153860_06431179.jpg
d0153860_06430522.jpg
中庭を利用した部屋の数は50以上にもおよぶ。
d0153860_06430121.jpg
d0153860_06425803.jpg
中庭 下↓
d0153860_06425549.jpg
d0153860_06424243.jpg
大広間や談話室、子供部屋もあり その広さにも驚かされる。
d0153860_06423948.jpg
d0153860_06421295.jpg
当時の生活や飼われていた家畜などが分かるモザイク
d0153860_06420134.jpg
船の様子が描かれていました。
d0153860_06415507.jpg
この時代にビキニ?
d0153860_06412460.jpg
有名なビキニの十少女 これは後世の改装によるものらしい。
d0153860_06412186.jpg
遊具であそぶ10人の少女に目がいきます。
d0153860_06411051.jpg
d0153860_06333380.jpg
いたるところに貼り巡らされたモザイクはすばらしい。
d0153860_06322971.jpg

五日目は活火山エトナ山に行きました。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-11-12 03:22 | 番外編 南仏以外のお話 | Trackback | Comments(0)

シチリア(イタリア)へ行ってきました_その2

3日目は地中海(アフリカ)に面するアグリジェント AGRIGENTO】神殿の谷へ行きました。
d0153860_06485642.jpg
この遺跡の入口辺りに陶器を売る小さなお店がありその店の前にこんな車がありました。陶器の模様と同じ絵柄が車全体に施されていました。かわいくてとても目立ちました。
d0153860_06484561.jpg
遺跡の入口にはこんな地図が、最初の遺跡までかなり距離があります。足の弱い人や、歩行が難しい人はここで有料のミニバスなどに乗られます。
d0153860_06484267.jpg
砂浜のような大地を歩いていくと立派な神殿がそそり立ってきます。
d0153860_06483544.jpg
前520年頃の建立、ヘラクレス神殿
d0153860_06483269.jpg
9月といえばヨーロッパでは新学期の始まる月です。
バカンスも終わり観光しているのは引退して自由な時間が沢山ある年代の方々。
d0153860_06482433.jpg
ギリシャ世界でも最大級の一つで、一般の神殿の四倍ほどの広さがあります。
d0153860_06482122.jpg
d0153860_06480148.jpg
この神殿を作るにあたりどれだけ多くの奴隷(捕虜)が使われたのでしょうか。
d0153860_06481801.jpg

d0153860_06480425.jpg
澄みわたる青空に映える神殿の柱
d0153860_06475112.jpg
d0153860_06474759.jpg
風化して壊れたままの遺跡
d0153860_06474454.jpg
人がいるとこの遺跡の大きさがよく分かる。
d0153860_06483828.jpg
ところどころにサボテンがあって、実をつけていました。この実は食べれるらしくあちこちで売っていました。
d0153860_06473997.jpg
d0153860_06473587.jpg
かつてどのように建てられていたというようなことも分かる詳しい説明版が各国の言葉で書かれていました。残念ながら日本語はなしです。
d0153860_06473270.jpg
d0153860_06472126.jpg
小高い丘の上に見える神殿は幻想的です。
d0153860_06465858.jpg
朽ちてほとんど何があったか分からないような場所も遺跡として残っています。
d0153860_06465480.jpg
すごい広さで歩いても歩いても遺跡だらけです。
d0153860_06465021.jpg
座って入るお風呂
d0153860_06464637.jpg
写真のミニバスで移動すると楽だと思います。
この日は2万歩近く歩きました。
ところどこ修復されています。

d0153860_06461512.jpg
d0153860_06454998.jpg
d0153860_06454062.jpg
オリーブの木が遺跡とマッチして綺麗です。
d0153860_06445212.jpg
18世紀に美しく復元されたコンコルディア神殿(前5世紀半ばの建立)
d0153860_06450131.jpg
神殿にあった像が残っていました。
d0153860_06442866.jpg
9月初めで真夏のような日差しで歩くと汗が吹き出しました。
d0153860_06443279.jpg
d0153860_06441126.jpg
この場所に以前からいたヤギで角の形が変わっている。
記念動物としてこの地に保護され飼われている。
d0153860_06441441.jpg
d0153860_06441814.jpg
グロテスクな実をつけるサボテン、この実は売店でも売っています。
d0153860_06433390.jpg
テラモン(人柱像)の複製 高さ8m、外壁に巡らされた高さ約17mの円柱の間で
軒を支えていた。オリジナルは考古博物館にある。

4日目はカザーレのローマ離宮 に行きました。







[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-11-10 06:22 | 番外編 南仏以外のお話 | Trackback | Comments(0)

シチリア(イタリア)へ行ってきました

もうすぐ11月なのに9月初め(1日~8日)にシチリア島に行ったまとめです。
写真を沢山取ったのですが、帰ってきてから結構忙しくそれを整理する時間が取れなかったこともあって2カ月遅れの投稿となりました。

9月初め頃シチリア島に旅行を計画されている方の参考になれば幸いです。

私は運転も出来ますが、今回は全く初めての未開の土地、言葉もイタリア語とあり、運転を代わってくれる人もないということなので、お任せツアーにしました。


ツアーは参加したことがなくドキドキものだったのですが、迷わず主要な場所を効率よく回ってくれるので、本当にありがたい企画でした。(但し、フランスの旅行会社のツアーなので参加者はフランス語圏の方々でガイドはフランス語でした)

マルセイユ空港から約2時間でシチリアのパルレモに到着、パルレモは空の玄関口とあって大きな町です。1日目に失敗をしてしまい、その日に撮った写真を全消去してしまい、最終日にパルレモに戻ってきたときに撮った写真しかありません。
d0153860_06494965.jpg
パルレモはギリシャ語で【すべてが港】というくらい海が近い大きな町です。
d0153860_06494230.jpg
ホテル近くにあった公共の建物 
観光で持っているところなのでしょうね、綺麗に整っていて歴史的建築物が沢山いい状態で残っていて感心しました。

2日目はバスで移動して セジェスタ SEGESTA に行きました。
島の西部、トラバーニ県 にある遺跡です。
見どころは2ヶ所あり、劇場と神殿です。時間の関係で劇場はパス、神殿だけを見学しました。
d0153860_06493964.jpg
山の中の丘の上に唯一つ堂々とそそりたつ姿は感慨深い。
d0153860_06493576.jpg
紀元前5世頃にこのような建築物が建てられ、現在こうやって残っているとは

d0153860_06493261.jpg
暑さや風などで風化も進んではいるのでしょうが石作りだから何千年と時を超えれるのでしょうか。かなりの補修工事も施されていてよい状態を保持していることもあると思います。
d0153860_06493576.jpg
列柱の囲いのみで床石も神室もなくがらんとしている。
d0153860_06492431.jpg
前五世紀後半に着工されたようだが未完のまま工事が中断されたのではないかと思われています。
d0153860_06492060.jpg
その時代によくこれだけの大きな石を削り、この地に運びまたどうやって組み立てたのだろう?
d0153860_06491748.jpg
山合いにポツンと佇む神殿は本当に神が住んでいそうな感じがします。
d0153860_06491352.jpg
d0153860_06490799.jpg
d0153860_06490023.jpg
説明のボードがありました。

3日目は【アグリジェント AGRIGENTO】神殿の谷へ行きました。



[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-10-31 06:35 | 番外編 南仏以外のお話 | Trackback | Comments(0)

【サボワイヤン】Savoillans であった酪農家祭りに行ってきました

今年で10回目となるヴァントゥー山周辺の味覚祭り、その中の一つで10月初めの日曜にラベンダーで有名なソー村からさらに奥に車で20分ほど走ったところにある、人口100名くらいの小さなむら【サボワイヤン】Savoillans で酪農家のお祭りがありました。
d0153860_11193535.jpg
小ぶりの牛(子牛だったのかも?)が草を美味しそうに食べていました。
d0153860_11194953.jpg
首につけた大きな鈴がいい音色でした。

d0153860_11190321.jpg
ヤギもいました
d0153860_11191448.jpg
d0153860_11200137.jpg
カボチャやいろんな野菜入りスープも売っていました。

d0153860_11201679.jpg
鳥の中に黒豚が混じっていました。

d0153860_11202611.jpg
食用の鳥たちです。鳥を見てフランス人は美味しそうといいます。
d0153860_11203956.jpg
いずれも自然の中で買われているので身がしまって美味しいと思います。
d0153860_11211331.jpg
子供たちも小動物が一杯で楽しそうでした。
d0153860_11210171.jpg
d0153860_11223000.jpg
牛なのかこれは??と思われる動物もいました。角があって確かに牛の様でした。

d0153860_11224345.jpg
地元の野菜や卵を使って作られたランチです。10€で食べることができました。
野菜の味がしっかりしていてすごく美味しかったです。


d0153860_11231259.jpg
この村にあるパン屋さんでは昔からこの村に伝わるかまどが今もなお使われています。

この人里はなれた小さな村のパン屋さんになんと日本人(奥さん)がいるんです。
パン屋さんの名前は日本を意味する【Le soleil Levain】
この辺りの小さな村々の生活の糧を担っておられるお店なのです。
天然酵母を使ったオーガニックのパンは噛めば噛むほど味が出て美味しい!
d0153860_11225739.jpg
素朴な店構えも彼女の人柄がにじみ出ています。
この村に住んでもう15年だそうです。
しっかりおかみさんが板について地元のパン屋さんとして知られています。





[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-10-10 11:44 | マザン周辺 | Trackback | Comments(2)

夏のコンサート【カルパントラ】

毎年この時期になると夏のイベントがいっぱいのカルパントラです。
宣伝の張り紙の数も年々増えてきました。
d0153860_12522475.jpg
ミュージック・オー・エトワールという音楽団体が主催のクラッシックコンサートが7月18日・19日・20日とあります。今年は日本人の演奏者も来られると聞いていました。若い音楽家の4重奏そのうちの3名にペンション・スカラベ泊って頂きました。
d0153860_12530525.jpg
白いシャツの人が日本人のバイオリン演奏者の岡田修一さんです。
d0153860_12525722.jpg
女性の方がピアニスト・白シャツの岡田さんの右側2人もスカラベに3泊滞在されました。
その日のプログラムは下記です。
d0153860_12523338.jpg
d0153860_12524081.jpg
d0153860_12521488.jpg
カルパントラにある15世紀に建てられたカテドラル:サン・シフランの前に広がる広場が演奏会場です。
d0153860_12505143.jpg
結構沢山の方が聞きにいらしていました。
d0153860_12513480.jpg
d0153860_12511262.jpg
d0153860_12514639.jpg
d0153860_12515599.jpg
夕方から気温が急に下がり爽やかな風が時折吹き、
4重奏の音が屋外の広場に響き渡りました。
d0153860_12532533.jpg
パリからTGVに乗って来られた若者たちの演奏は
カルパントラの人たちに心遣い一時を与えてくれました。
最初の2日間は無料で20日のみ15€の入場料が要ります。
クラッシックに関心を持ってもらうためにカルパントラから費用が出ているみたいです。
こういう文化を支えてくれる国の力が嬉しいですね。
d0153860_12525722.jpg
演奏が終わってみんないい顔しています。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-20 04:35 | マザン周辺 | Trackback | Comments(1)

ひまわりとラベンダー

d0153860_02505724.jpg
ラベンダーがピークを迎えました。今年は6月に2週間も熱波が居座ったせいで
ラベンダーの開花がとても早い年になりました。
d0153860_02504622.jpg
ソーの奥も既に刈り取られていて坊主になっている畑もちらほら。
d0153860_02503536.jpg
ここ2・3日中に今咲いている辺りも全部かられることでしょう。
d0153860_02500524.jpg
この開花予想だけは聞かれても分かりません。
年によって全く違うからです。
2週間ほどのずれも計算にいれてゆっくり滞在できる方は間違いないのですが、
1日2日で何とかしたいとなると運を天に祈るしかないかな・・・・
ラベンダーが満開の時はひまわりも満開です。
ひまわりの多い場所はカルパントラ近辺の村になります。
d0153860_11005981.jpg
一斉に太陽に向かって背伸びしています。
d0153860_11010838.jpg
ひまわりとラベンダーの満開の時期は気温35℃以上となるので
暑さに弱い私にはとてもつらい時なのです。
d0153860_11005004.jpg
ひまわりの油をとるために栽培されています。
d0153860_11001362.jpg
広い畑には人っ子ひとり見かけませんでした。
d0153860_11000009.jpg
ラベンダーの紫もきれいですが、ひまわりの黄色も青空に映えてさえわたります。
d0153860_10593160.jpg
7月はラベンダーとひまわりが楽しめる月です。
でも暑さ対策と日焼け予防はしっかりなさってください。
南仏の強烈な日差しと暑さが待っています。
湿度が日本ほど高くないので汗はそんなに出てきません。



[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-12 11:12 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

Buis les Baronnies のリンデン祭り

マザンから北に1時間ほど車で走った所にあるビュイ・レ・バロニー(Buis les Baronnies)は西洋菩提樹の村として名が知られています。
毎年7月の第一日曜に【リンデン祭り】が開かれます。今年は7月9日でした。
昨年は大阪のアロマ教室の生徒さんと先生のグルーブをお連れしましたが、今年も先生が祭りを見るためにわざわざ来られました。
リンデン摘みのお祭りは6月初めごろありますが、7月のこのお祭りはリンデンだけでなくあらゆるアロマの香草が集う場所になっています。
d0153860_02461950.jpg
リンデンやアロマを拡げたり、バロニーの観光に力を注いだ人に騎士の称号が与えられます。
d0153860_02463803.jpg
リンデンの枝で頭を払われメダルを受け取ります。
d0153860_02464787.jpg
その広場には沢山のアロマ関係の出店が出ていました。
d0153860_02465740.jpg
出店で売られているアロマ水やアロマオイル
d0153860_02470847.jpg
いろんな種類が一堂に並べられています。
d0153860_02473455.jpg
乾燥させたリンデンの葉です。
睡眠導入効果・精神安定効果があり、寝る前に飲むハーブティーとして人気です。
d0153860_02472259.jpg
いろんな花から蜂が集めた蜂蜜も並んでいました。

d0153860_02485683.jpg
いろんな香草の苗も並んでいました。
d0153860_02484658.jpg
d0153860_02483328.jpg
d0153860_02482022.jpg
d0153860_02480779.jpg
ハーブの苗を揃えたい人には嬉しい場所です。
d0153860_02492067.jpg
メキシコ・エストラゴン
d0153860_02491068.jpg
一般的なサリエット
d0153860_02493096.jpg
一般的なエストラゴン

ここの市の目玉商品の1つ、バロニーのアプリコットは一回り大きくて、甘くておいしいです。
そのアプリコットも沢山売られていましたが、お昼過ぎには完売していました。
d0153860_03093058.jpg
ここのアプリコットを食べると他で売られているものでは満足できなくなります。
d0153860_03094017.jpg
美味しくうれた実はパカッと2つに割れます。中の種を取り、皮ごと丸かじりします。
昨年買ったときにあまりの美味しさにびっくりしました。今年は5㎏も買ってしまいました。
1日10個は食べないと・・・・でも美味しいのですぐに食べてしまうでしょう!






[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-11 03:16 | その他のお勧めどころ | Trackback | Comments(2)

ラベンダー、Sault(ソー)も咲いています。今年は開花が超早い!

例年なら7月中頃が満開のソー(Sault)ですが、今年は6月に熱波が2週間ほど居座っていたせいで開花が超早くなっているみたいです。
d0153860_15241986.jpg
7月1日がこの状態でしたので今頃は満開になっているのではないでしょうか!
d0153860_15243499.jpg
そうなると次から次へと刈り取られていきますので、
見に来られても坊主のラベンダーとなってしまいます。
d0153860_15244523.jpg
後、1週間くらいは大丈夫だと思いますので、これからを予定されておられる方はお急ぎくださいね。
d0153860_15245579.jpg
例年ならまだ咲き始めでほんの少し色づく程度の時期なので観光客も少なかったです。
d0153860_15251221.jpg
誰もいない畑にラベンダーの香りと、蜂の羽音が響いていました。
d0153860_15252576.jpg
ラベンダーを栽培している近くで大きな菩提樹(リンデン)の樹をみつけました。
まだ花もつけていてこちらの香りもまた格別でした。
フランス語でリンデンは Tilleul チィヨールと言います。
花の咲いている辺りの新芽を摘んで乾燥させハーブティーにします。
睡眠導入効果があり気持ちを落ち着かせてくれます。
寝る前にこのハーブティーを飲むとぐっすり眠れます。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-04 15:37 | マザン周辺 | Trackback | Comments(2)