南仏プロヴァンスの大自然の魅力

scarabee.exblog.jp
ブログトップ

=プロヴァンスのラタトゥイユ=

日本から南フランスに帰ってくると野菜の値段がすごく安く感じる。

今はもう冬なので夏野菜も少なく、高くなっているはずなのですが、スペインやモロッコといった少し南の国から野菜が入ってくるので、驚くほど値が上がりません。

そこでベジタリアン料理ともいえる《ラタトゥイユ》を作ってみました。
家庭で作るラタトゥイは野菜を大きめに切ってドーンと炒めるって感じです。


≪材料:4人分≫

ズッキーニ 4本 

西洋なす1個(日本の茄子だと4つくらい)

トマト 4個(高ければ缶詰で代用できます)

緑のパプリカ 1個

赤のパプリカ 1個

玉ねぎ 1~2個

タイム 2枝(瓶入りだったら二つまみくらい)

オリーブオイル 大さじ4

塩・コショウ 

(好みで蜂蜜 小さじ2 / ベーコンの細切り 50g)



≪作り方≫

  1. 野菜を洗う。 玉ねぎは皮をむいてみじん切りにする。 ズッキーニとなすは大きめのサイコロ形に切る。パプリカは半分に切って種を出し、太めの短冊に切る。(一口大の大きさなら切り方は自由)

    d0153860_16550068.jpg

    d0153860_16555251.jpg
    d0153860_16570535.jpg
    d0153860_16574744.jpg


  2. ココット(cocotte)鍋(日本ではどうやらストウブ鍋と呼ばれているらしい)にオリーブオイルを入れみじん切りにした玉ねぎを入れてきつね色になるまで炒める。

    d0153860_16583486.jpg

    d0153860_16592296.jpg

  3. 玉ねぎが色づいたら次になすを入れて弱火で10分炒める。その次にズッキーニとパプリカを入れよく混ぜながらもう10分弱火で炒める。

    d0153860_17001198.jpg

    d0153860_17004259.jpg



  4. 10分経ったらトマトとタイムを入れ、塩コショウする。蓋をして25分弱火で煮詰める。
    d0153860_17015061.jpg



    d0153860_17042400.jpg


    ※時々蓋を開けて混ぜ合わせこげないように気をつける。水分が減っているようだったら水をカップ1杯くらい入れて混ぜ合わせるとよい。出来上がり!

冬野菜は旬の時期と比べると野菜の味が浅いように思います。物足りないときは少し蜂蜜を加えたりベーコンの薄切りを加えるとコクがでます。好みで試してみてください。

ラタトゥイユは熱くても美味しいですが、冷めたものも美味です。サラダ感覚で食べるのもよし、いろんなパスタを添えてメイン料理としても最適です。


[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-12-02 17:07 | フランスの家庭料理 | Trackback | Comments(0)

深まりゆく秋

d0153860_12574039.jpg
1週間ほどお天気が悪く、雨や南からの強風やらで各地で被害が出ている。
温暖化のせいと私はみているのですが、だんだんこの回数が増えていくように感じられるのはイヤですね。
やっと雨があがり晴天の日が戻ってきました。こんな日は外に出て散歩するにかぎると・・・・
d0153860_12534767.jpg

雨上がりで空気が冴えて紅葉も増々映えます。緑色の木はオリーブです。

d0153860_12555963.jpg
オリーブの木の上あたりにはブドウ畑の紅葉です。


d0153860_12583347.jpg
ブドウも黄色や赤色に紅葉します。空にはアトリが集まっています。


d0153860_13001886.jpg
ポプラの葉は既に半分以上落ちて枝になっています。
ブドウ畑も次のミストラルが来れば葉がすっかりなくなることでしょう。


d0153860_13024840.jpg
空気が澄んでいるのが写真でもわかっていただけるのではないかな?
深呼吸を自然にしたくなります。


d0153860_13044654.jpg
秋も本当にきれいですよ。
この時期になると観光客はぱたりと少なくなるのですが、秋も絶対にお勧めです。
人混みと夏の暑さが苦手な方は是非この時期をお選びください!






[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-11-29 13:07 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

紅葉がきれい

主人の個展で日本に一時帰国している間に紅葉は終わっているかと思っていたのですが、今年は暖かい日が多かったのでこれからが見ごろのようです。
d0153860_01101556.jpg
赤く見えるのはサクランボの木です。
d0153860_01122646.jpg
ブドウの木も紅葉が始まっていました。例年より気温が暖かいせいかぶどうの紅葉は今一つさえない感じです。

d0153860_01150077.jpg


昨日の夜にかなりまとまった雨がありました。洗われたように景色がきれいです。空気も澄んでさわやかな秋日和!


d0153860_01101556.jpg
黄色い背の高い木はポプラです。

d0153860_01200518.jpg
手前に生える緑の草が紅葉の色と重なって映えます。


d0153860_01223074.jpg
ヴァントゥー山に近づくと黄色の色が目立ってきました。

d0153860_01235832.jpg
狩の季節も始まっているようで犬を乗せた車が山の側道に止まっていました。

d0153860_01245773.jpg
常緑の松も結構あるので緑もきれいに残っています。

d0153860_01283498.jpg
黄になったなった木はこんな感じです。
d0153860_01311460.jpg
山の空気に触れると気分も落ち着き、プロヴァンスに戻ってきたんだと体で感じます。
d0153860_01332689.jpg
村の入り口にあるプラタナスの並木も黄色く色づいていました。
d0153860_01343943.jpg
中央に位置する淡い黄色はなにか分かりますか?


d0153860_01360455.jpg
近づくとこんな感じです。

d0153860_01365544.jpg
アスパラガスの葉が紅葉するとこうなるのです。
淡い色の黄色がふわふわした感じできれいです。

d0153860_01392040.jpg
これから黄色が濃くなっていくアスパラガスの畑です。
もう少し気温が下がると色も濃くなってくるでしょう。



[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-11-20 01:41 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

サントロペ近くの笠松(パラソル)

コート・ダジュールのサン・トロペから車で20分くらいの場所にGassinガッサンという美しい村がある。その村からRamatuelleラマチュエルに抜ける高台というか小さな山に沢山の笠松が群生している。

d0153860_12201637.jpg
d0153860_12214602.jpg


フランス語では Pin Parasol パン パラソルという。
本当に傘のかたちように丸く大きい。
暑い夏には日を遮り木の下で一息つける。

d0153860_12340373.jpg


笠松が並ぶ丘は緑がとてもきれいでした。



d0153860_12354128.jpg

d0153860_12383286.jpg


ガッサンとラマチュエルのちょど中間に風車小屋がありました。


d0153860_12395162.jpg


ポコポコ丸くてまるでマリモのようです。

d0153860_12423079.jpg


コート・ダジュールの笠松はプロヴァンスの笠松とは違い
丸みがしっかりしています。

d0153860_12443923.jpg


サントロペの笠松はまるで教会に傘をさしているみたいです。











[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-10-09 12:46 | その他のお勧めどころ | Trackback | Comments(1)

サン・トロペから近い素敵な村【Ramatuelle】ラマチュエル


サントロペの漁港は高級ブティックなどもあってパリを縮小したようなしゃれた港なんですが、私は都会が苦手、とても落ち着ける場所ではありません。

城塞からの眺めを楽しんでサン・トロペの港を後に南西約8km車で20分のところにGassinガッサンという素敵な村があります。この村は最も美しい村の一つで、小高い場所からサン・トロペの港が見えます。結構な観光地でもあるらしく、村の中心には宿泊施設やレストラン、土産物を売るお店など集まっていました。村自体は最も美しい村の雰囲気が漂い、整備が行き届いた感じがしましたが、私の住むマザン近辺にもこのような村が沢山点在しているので、大した驚きにもならずといった感じで、つい写真を撮りそびれてしまいました。

このGassinガッサン村をあとにRamatuelleラマチュエルの村に徒歩で移動(車でならGassinから10分ほどです。山道を歩くと1時間くらいかかります。)

d0153860_12005835.jpg
山の中腹にあるので海を見下ろすことが出来る場所には素敵なレストランが並んでいました。


d0153860_12031879.jpg
もう少し高いところから歩いてたどり着きました。村の入り口です。



d0153860_12051251.jpg
壁に魚をデザインした金属製の置物がぶら下がっていました。




d0153860_12111872.jpg
つたが家の壁を程よく装飾して落ち着いた気分をかもち出してくれます。





d0153860_12120101.jpg


狭い通路の向こう側には海の見える道があります。




d0153860_12121820.jpg
本当にきれいに植物が植えこまれ、手入れも行き届いていました。




d0153860_12140368.jpg
植えこまれた植物には写真入りの説明文がほどこされ、植物の名前を知ることが出来ます。
手前の黒い犬は愛犬【クリップ】です。9歳半です。
山歩きは行きはよいよい、帰りはいやいやでやっとの思いで私についてきます。

d0153860_12151491.jpg
そんな細い通路に面した家々には、それぞれ味のある小さなお店があって目を引きつけられました。
お土産物には目もくれない私ですが、つい買ってしまいました。



d0153860_12141973.jpg

花売りのリヤカーも素敵でした。

d0153860_12143734.jpg
トンボのデザインがあるドアを見つけました。



d0153860_12154690.jpg
とにかく植物の手入れが行き届いていて驚きました。


d0153860_12160565.jpg
サン・トロペから近い美しい村です。是非近くまで行かれたらお立ち寄りください。












[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-10-03 12:26 | その他のお勧めどころ | Trackback | Comments(2)

サン・トロペに行ってきました

d0153860_03014981.jpg
ブリジット・バルドー(B・B)が住む場所で有名な港【サン・トロペ】に行ってきました。
最もシックな港ともよばれ、スターや有名人が住む場所としても知られています。
d0153860_02555552.jpg



町の上には小高い岡がありそこに城塞があります。 そのからの眺めがこの写真。
黄色いお顔の教会はサントロペのシンボルのようです。その向こうには地中海の青い海とヨットや船が見えます。海の好きな方にはたまらない景色なんでしょうね。


d0153860_16061305.jpg


城塞中にあるトイレ 兼 休憩所の建物、この裏手からのサン・トロペの教会がよく見えます。

要塞は入場料が3ユーロ要りますが、そこからの眺めはなかなか素敵です。
一番高いところにあるだけあって見晴らしもよく、せっかくサン・トロペに行かれたなら是非立ち寄ってみてください。

d0153860_03101339.jpg
かつてはここに並んだ大砲で敵を威嚇したのでしょう。
d0153860_03113591.jpg
城塞から見た地中海の景色

d0153860_03123537.jpg

城塞です。ちゃんと手が入っていて良い状態で保たれています。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-10-01 03:14 | その他のお勧めどころ | Trackback | Comments(1)

ブドウの収穫が始まりました

d0153860_11371391.jpg

マザンは食べるブドウの産地でも有名です。 A.O.Pに指定された良質のブドウが手摘みで大事に木箱に詰められて出荷されます。


d0153860_11410848.jpg
食用のブドウの木はワイン用に比べると背が少し高めです。
日本のように湿度が高くないせいか、手の届く高さにブドウがなります。その方が収穫するときに楽です。

d0153860_11423777.jpg

房が短かったり、姿がいまいちのブドウは地元で安く量り売りしてくれます。
時々道端の広場で車を止めてブドウを売っている人を見かけます。
ちょっと形は悪いけど、味は最高です。値段は半額くらいなので、鮮度のよい地元のブドウを見逃すわけにはいきません。

d0153860_11430103.jpg
どこまでも続いているかのようなブドウ畑です。
d0153860_11425095.jpg
これから1か月あまり収穫の作業をする、パラソルや台車を見かけます。今日は早朝の犬の散歩に写真を撮ったので、木箱しかみかけませんでした。






[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-09-12 11:56 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

歩くことは楽しいこと!


もともとはと都会育ちの田舎を知らない人間でした。中学生の時くらいからなぜか田舎に惹かれる、そこにいると安らぐ、気持ちが晴れやかになる。だんだん田舎に呼び寄せられる自分がいました。
そして、今ではフランスの田舎に住み着いているのですから・・・・
d0153860_12072852.jpg
              遠くに最も美しい村の一つ【ゴルド】が見えます


ゴルドの近くの展望台に車を置き、そこで靴を履き替えハイキングコースへ向かいました。

d0153860_12173447.jpg
歩き始めるとすぐ前にこのような景色が現れました。
d0153860_12183336.jpg
日差しは強く、フランス人もこの日は帽子をかぶっている人が目につきました。
d0153860_12191592.jpg
しばらく歩いたところに水が溜まっているとこがあり、そこには沢山オタマジャクシがいました。
d0153860_12175538.jpg
オタマジャクシがいればカエルはいるでしょう!やっぱりいました。
d0153860_12201881.jpg
この日は日差しもきつかったですが、ミストラルも結構吹いていました。
d0153860_12203968.jpg
長年かげて風や雨で削られ、作りだされた自然の大傑作がこれ見よがしに広がります。
d0153860_12205527.jpg
自然が作り出す広大なパノラマを眼前にすると、自分の存在のちっぽけさを感じます
d0153860_12211636.jpg
広い世界のなかに自分を置いてみるといいですよ。自分の心も広がっていくのです

d0153860_12214101.jpg
体も心もリlフリッシュできるハイキングコースはいたるところにあります
d0153860_12220230.jpg
毎年夏のバカンスでパリから来られるフランス人のご夫婦は、2週間余りの滞在で毎日歩かれます。滞在が終わるころにはしっかり日焼けされ健康そうな肌色に・・・・
南仏で肌を焼くのはパリジャンの自慢の一つです。

d0153860_12193956.jpg
晴れたこんな日はハイキングしてみませんか?体も心もきれいになりますよ。
d0153860_12195916.jpg
この辺りはいたるところにハイキングコースがあるので飽きることはありません。











[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-08-23 12:44 | マザン周辺 | Trackback | Comments(2)

=ラベンダーの香りが漂っています=

昨年は暑くなるのが2ヶ月ほど早かったせいで7月中頃にはラベンダーはすっかり刈り取られてしまい、7月後半に来られた方はがっかりなさったことでしょう。
今年は2月3月が異常に暖かく、果物の花が早く咲きすぎたり、野菜の値崩れなどあり、今年もラベンダーは早く終わってしまうのでは・・・・と心配しましたが、6月の気温が低く咲き加減は平年並みといったところです。7月末ごろまで場所を選べば見ることが出来そうです。
d0153860_1246477.jpg

ラベンダーといえばこのセナンク修道院の写真が出てくるくらい、この時期ラベンダーを求めて人が集まります。
d0153860_12473247.jpg

ここ2年ほどで観光バスで団体で押し寄せてくるアジア系観光客のせいで網が張られ、木が植えられ、景観が損なわれました。一人が中に入ってラベンダーをとりだすと連鎖するので、こうする以外方法がないのでしょうね。この手の人たちには【立ち入り禁止】の看板や【ラベンダーを摘まないように】という看板は一切見えないようなのです。
手前の緑色の垣根がもう少し伸びてきたら写真を撮るのも難しくなってくるでしょう。
d0153860_1317444.jpg

きれいな物をそのまま見ようという気はないのでしょうか?
顔が似ているので同じ国の人と思われるのが嫌ですね。

d0153860_1301192.jpg

7月のセナンク修道院の駐車場はA.M.10時までに入らないと車を止めるところがなくなります。
レンタカーで行かれる方は早めに着かれることをお勧めします。
d0153860_1304416.jpg

そろそろセナンクのラベンダーは見頃が終わりです。これからは標高の高いソー周辺が見ごろとなります。

d0153860_1311778.jpg

[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-07-20 13:07 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

=ツールドフランスがマザンを通過しました=

今年はヴァントゥー山がツールドフランスのコースに入っていたので、近くまで来るんだと楽しみにしていました。 なんとマザン村を通るコースが組まれていることがわかり真近で見れるかなと期待していました。
7月14日はフランスの革命記念日でもあり、自転車愛好家の聖地でもあるヴァントゥー山がゴールに選ばれたのには意味がありそうです。
d0153860_13143669.jpg

自転車が来る2時間前くらいから人がどんどん詰めかけてきます。
d0153860_13151054.jpg

選手の自転車が通る1時間くらい前に、スポンサーになっている企業の車が粗品を配りに来るらしく、それ目当ての人はちゃんとリュクや袋を用意でして待っています。
d0153860_13153581.jpg

マザン村を通過するコースは道幅が狭く、これだけの人が集まってくると何となくぶつかりそうで危険な感じもします。
d0153860_1315519.jpg

時間が迫ってくるとお祭り気分で、こんなに熱のこもった観戦を受けると選手たちも力が沸くのでしょうね。

d0153860_1323348.jpg

メガネ屋さんの宣伝カー
d0153860_13232181.jpg

タイヤ会社の宣伝カー
d0153860_13233785.jpg

シロップ会社の宣伝カー
d0153860_13235953.jpg

これは何の会社だったかな?
d0153860_1324165.jpg

おなじみのミネラルウォーターのVittel
d0153860_16432551.jpg

ミッキーマウスも応援です

d0153860_1647173.jpg

日本からも国旗をもって新城選手の応援に!
d0153860_16472234.jpg

いよいよ先頭集団が現れました。自転車に乗った選手たちの写真はこれ1枚だけ、あまりのスピードにシャッターチャンスを逃しました。
d0153860_16473987.jpg

途中で調子が悪くなった時に交換する競技用の自転車を積んだ車
この自転車3台で車1台買える価格だそうです。
d0153860_1648092.jpg

このお祭り騒ぎの観戦を初めて経験しました。
d0153860_16481663.jpg

村はずれのコースで見たことがあるのですが、目の前をビューンと通り過ぎただけでテレビで見てたほうが良く分かるな~と思っていましたが、町中ではこんなお祭り騒ぎの楽しいイベントになっているとは。
d0153860_16483550.jpg

選手の自転車は一瞬で前を横切っていきましたが、地元の人々と1つになれた感動はテレビでは味わえないですね。
[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-07-19 13:28 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)