南仏プロヴァンスの大自然の魅力

scarabee.exblog.jp
ブログトップ

夏のコンサート【カルパントラ】

毎年この時期になると夏のイベントがいっぱいのカルパントラです。
宣伝の張り紙の数も年々増えてきました。
d0153860_12522475.jpg
ミュージック・オー・エトワールという音楽団体が主催のクラッシックコンサートが7月18日・19日・20日とあります。今年は日本人の演奏者も来られると聞いていました。若い音楽家の4重奏そのうちの3名にペンション・スカラベ泊って頂きました。
d0153860_12530525.jpg
白いシャツの人が日本人のバイオリン演奏者の岡田修一さんです。
d0153860_12525722.jpg
女性の方がピアニスト・白シャツの岡田さんの右側2人もスカラベに3泊滞在されました。
その日のプログラムは下記です。
d0153860_12523338.jpg
d0153860_12524081.jpg
d0153860_12521488.jpg
カルパントラにある15世紀に建てられたカテドラル:サン・シフランの前に広がる広場が演奏会場です。
d0153860_12505143.jpg
結構沢山の方が聞きにいらしていました。
d0153860_12513480.jpg
d0153860_12511262.jpg
d0153860_12514639.jpg
d0153860_12515599.jpg
夕方から気温が急に下がり爽やかな風が時折吹き、
4重奏の音が屋外の広場に響き渡りました。
d0153860_12532533.jpg
パリからTGVに乗って来られた若者たちの演奏は
カルパントラの人たちに心遣い一時を与えてくれました。
最初の2日間は無料で20日のみ15€の入場料が要ります。
クラッシックに関心を持ってもらうためにカルパントラから費用が出ているみたいです。
こういう文化を支えてくれる国の力が嬉しいですね。
d0153860_12525722.jpg
演奏が終わってみんないい顔しています。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-20 04:35 | マザン周辺 | Trackback | Comments(1)

ひまわりとラベンダー

d0153860_02505724.jpg
ラベンダーがピークを迎えました。今年は6月に2週間も熱波が居座ったせいで
ラベンダーの開花がとても早い年になりました。
d0153860_02504622.jpg
ソーの奥も既に刈り取られていて坊主になっている畑もちらほら。
d0153860_02503536.jpg
ここ2・3日中に今咲いている辺りも全部かられることでしょう。
d0153860_02500524.jpg
この開花予想だけは聞かれても分かりません。
年によって全く違うからです。
2週間ほどのずれも計算にいれてゆっくり滞在できる方は間違いないのですが、
1日2日で何とかしたいとなると運を天に祈るしかないかな・・・・
ラベンダーが満開の時はひまわりも満開です。
ひまわりの多い場所はカルパントラ近辺の村になります。
d0153860_11005981.jpg
一斉に太陽に向かって背伸びしています。
d0153860_11010838.jpg
ひまわりとラベンダーの満開の時期は気温35℃以上となるので
暑さに弱い私にはとてもつらい時なのです。
d0153860_11005004.jpg
ひまわりの油をとるために栽培されています。
d0153860_11001362.jpg
広い畑には人っ子ひとり見かけませんでした。
d0153860_11000009.jpg
ラベンダーの紫もきれいですが、ひまわりの黄色も青空に映えてさえわたります。
d0153860_10593160.jpg
7月はラベンダーとひまわりが楽しめる月です。
でも暑さ対策と日焼け予防はしっかりなさってください。
南仏の強烈な日差しと暑さが待っています。
湿度が日本ほど高くないので汗はそんなに出てきません。



[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-12 11:12 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

Buis les Baronnies のリンデン祭り

マザンから北に1時間ほど車で走った所にあるビュイ・レ・バロニー(Buis les Baronnies)は西洋菩提樹の村として名が知られています。
毎年7月の第一日曜に【リンデン祭り】が開かれます。今年は7月9日でした。
昨年は大阪のアロマ教室の生徒さんと先生のグルーブをお連れしましたが、今年も先生が祭りを見るためにわざわざ来られました。
リンデン摘みのお祭りは6月初めごろありますが、7月のこのお祭りはリンデンだけでなくあらゆるアロマの香草が集う場所になっています。
d0153860_02461950.jpg
リンデンやアロマを拡げたり、バロニーの観光に力を注いだ人に騎士の称号が与えられます。
d0153860_02463803.jpg
リンデンの枝で頭を払われメダルを受け取ります。
d0153860_02464787.jpg
その広場には沢山のアロマ関係の出店が出ていました。
d0153860_02465740.jpg
出店で売られているアロマ水やアロマオイル
d0153860_02470847.jpg
いろんな種類が一堂に並べられています。
d0153860_02473455.jpg
乾燥させたリンデンの葉です。
睡眠導入効果・精神安定効果があり、寝る前に飲むハーブティーとして人気です。
d0153860_02472259.jpg
いろんな花から蜂が集めた蜂蜜も並んでいました。

d0153860_02485683.jpg
いろんな香草の苗も並んでいました。
d0153860_02484658.jpg
d0153860_02483328.jpg
d0153860_02482022.jpg
d0153860_02480779.jpg
ハーブの苗を揃えたい人には嬉しい場所です。
d0153860_02492067.jpg
メキシコ・エストラゴン
d0153860_02491068.jpg
一般的なサリエット
d0153860_02493096.jpg
一般的なエストラゴン

ここの市の目玉商品の1つ、バロニーのアプリコットは一回り大きくて、甘くておいしいです。
そのアプリコットも沢山売られていましたが、お昼過ぎには完売していました。
d0153860_03093058.jpg
ここのアプリコットを食べると他で売られているものでは満足できなくなります。
d0153860_03094017.jpg
美味しくうれた実はパカッと2つに割れます。中の種を取り、皮ごと丸かじりします。
昨年買ったときにあまりの美味しさにびっくりしました。今年は5㎏も買ってしまいました。
1日10個は食べないと・・・・でも美味しいのですぐに食べてしまうでしょう!






[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-11 03:16 | その他のお勧めどころ | Trackback | Comments(2)

ラベンダー、Sault(ソー)も咲いています。今年は開花が超早い!

例年なら7月中頃が満開のソー(Sault)ですが、今年は6月に熱波が2週間ほど居座っていたせいで開花が超早くなっているみたいです。
d0153860_15241986.jpg
7月1日がこの状態でしたので今頃は満開になっているのではないでしょうか!
d0153860_15243499.jpg
そうなると次から次へと刈り取られていきますので、
見に来られても坊主のラベンダーとなってしまいます。
d0153860_15244523.jpg
後、1週間くらいは大丈夫だと思いますので、これからを予定されておられる方はお急ぎくださいね。
d0153860_15245579.jpg
例年ならまだ咲き始めでほんの少し色づく程度の時期なので観光客も少なかったです。
d0153860_15251221.jpg
誰もいない畑にラベンダーの香りと、蜂の羽音が響いていました。
d0153860_15252576.jpg
ラベンダーを栽培している近くで大きな菩提樹(リンデン)の樹をみつけました。
まだ花もつけていてこちらの香りもまた格別でした。
フランス語でリンデンは Tilleul チィヨールと言います。
花の咲いている辺りの新芽を摘んで乾燥させハーブティーにします。
睡眠導入効果があり気持ちを落ち着かせてくれます。
寝る前にこのハーブティーを飲むとぐっすり眠れます。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-07-04 15:37 | マザン周辺 | Trackback | Comments(2)

カルパントラの朝市

d0153860_12430891.jpg
毎週金曜の朝にある【カルパントラの朝市】はこの辺りでは最大級の市でカルパントラの町中が出店で埋め尽くされます。
いつもカメラを持参するのを忘れて買い物に夢中になっているので、なかなかアップ出来ないでいました。

d0153860_12432207.jpg
ソーセージを売る屋台

d0153860_12433228.jpg
チーズ屋さん、ここはアルプス地方のチーズ専門店

d0153860_12434005.jpg
保存状態が悪かった頃はRのつく月(9月~4月まで)しか牡蛎を食べてはいけないと言われていましたが、
今は運ぶ時も出店で売る時も温度は低温に保たれていて痛むこともなくなってきたので夏でも牡蛎はOKです。
但し買いに行くときは保冷剤と保冷バッグを忘れにもっていかないと駄目ですね。
11時ごろに行きましが、既にほとんどの牡蛎が売れて数が少なくなっていました。

d0153860_12435130.jpg
カーテンやテーブルクロスを売る布屋さんも数件でています。

d0153860_12441044.jpg
黒豚のソーセージ屋さん

d0153860_12442575.jpg
素敵なブティックもメイン通りにあります。
d0153860_12443719.jpg
ウインドショッピングも楽しいです。

今回も途中で買い物にのめり込んでしまい、写真を撮ることを忘れてしまいました。
すみません。他のお店の紹介はまたの機会に!




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-06-21 14:40 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

暑いです。ラベンダーが咲いています。

昨日辺りから急に暑くなりました。今週は35℃を超える日が多くなりそうで、体がもつか心配です。
近くの穴場のラベンダー畑、もしかしたらもう咲いているかな?と思い行ってみると満開でした。
d0153860_12064680.jpg
人っ子一人いないラベンダー畑に蜜を集める蜂の羽音だけが響いていました。
d0153860_12061011.jpg
こんなに咲いていたらもうすぐ刈り取られるのだろうな!
d0153860_12062867.jpg
太陽がさんさんと当たり、紫色と緑がとてもきれいでした。

d0153860_12055680.jpg
この場所はマザンから南方向へ行くD1を走るアヴィニョンに向かう道の
サン・ディデイエからペリヌ・レ・フォンテーヌへ向かう道の右側にあります。
d0153860_12053664.jpg
d0153860_12052142.jpg
Saultソーは標高が高いので7月に入ってからが見頃ですが、マザン近辺は今が見頃です。
d0153860_12050539.jpg
近くに来られたら、刈られる前に香りと色を楽しんでくださいね。




[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-06-12 12:44 | マザン周辺 | Trackback | Comments(3)

ひなげし(coquelicot) が咲いています

d0153860_11305939.jpg
不安定なお天気がつづいていますが、ひなげしは例年並みに咲き始めました。
d0153860_11285837.jpg
今週はミストラルが吹き荒れ花の形が風で三角になってしまいます。
写真を撮る時は風の止んだのを見計ってシャッターチャンスを狙います。
d0153860_11303362.jpg
緑の草の中の赤はとても映えます。
d0153860_11312869.jpg
丘の上ひなげしの花が・・・・アグネス・チャンの歌を口ずさんだり
ちょっと古いですね。若い方にはわからない歌かも?


[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-05-12 11:38 | マザン周辺 | Trackback | Comments(3)

ワイナリーの新装開店のお披露目に行ってきました

マザンの隣村【Mormoiron】にあるワイナリー《Pesquié》が1年間の工事を終えて新装開店のお披露目パーティーを催しました。ペンションをやっているので招待されました。
d0153860_17005070.jpg
この辺りではとても大きいワインのシャトゥーです。日本にも輸出しているようです。


d0153860_17060054.jpg
このワイナリーの持ち主の家族写真がセミナーの部屋に飾られていました。
Famille Chaudière
d0153860_17061888.jpg
ワイナリーの歴史を写真を通して垣間見ることができました。
d0153860_17070227.jpg
チョコレートと相性のよいワインのテイスト会で説明を聞きながらワインの試飲とチョコの試食
こちらは45分~1時間でお一人30€(税込み)但し、フランス語か英語になります。
d0153860_17064910.jpg
説明付き工場内見学のコースがあります。
1時間30分で参加124€(税込み)5品種のワインとオリーブオイルの試飲となります。
こちらも日本語の説明はありません。英語がフランス語になります。
d0153860_17063285.jpg
セミナーの会場では昼食会など様々な催しに使えるように食事つきのプランなどもあります。
人数により予算を出してくれるようです。素敵なシャトーなので小さな会を開くときに利用するとよいかもしれません。
d0153860_17064218.jpg
試飲をさせてくれる場所ではこんなピクニック用品も販売されていました。
ちなみにお値段は(79.90ユーロ)と表示されていました。

工場見学なしでワインだけ買いたい方は、ご興味のあるワインの試飲は無料でさせてくれますのでお気軽にお立ち寄りください。

Pesquié 住所:1365B Route de Flassan(D184) 84570 Mormoiron
TEL: +33 (0)4 90 61 94 08










[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-04-30 13:37 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

復活祭(Paques)のケーキ

スーパーでも、パン屋さんでも所狭しと復活祭用のチョコレートが並んでいましたが、
17日のLundi de Paques(復活祭の次の月曜日:祝日です)も終わりました。

近所のスーパーでまだケーキが残っていたので買ってみました。
d0153860_23353826.jpg
鳥の巣をイメージしたケーキになっています。
d0153860_23364965.jpg
楽しい復活祭と書かれています。
鳥の卵をしたチョコレートが2つ置かれています。
d0153860_23383166.jpg
実は復活祭の前に売られていた小ぶりの1人用ケーキを買って食べたのですが、このバタークリームが何とも美味しくてたまらなくなり、再挑戦したくなりました。


濃いエスプレッソにすごく合うのです。
このケーキは6人用だったので、しばらくの間コーヒータイムが楽しめそうです。


[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-04-19 23:42 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

地中海の海のブルーはやっぱり美しい!

春の行事となったシオタでの滞在も今年で3回目を迎えました。
毎年同じ時期に来ているのですが、今年はマザン近辺の春の進み具合に比べて、少し花の数が少なく遅い気がします。
d0153860_13342463.jpg
団子が4つ重なっているような島が突き出ているのがLa Ciotat ラ・シオタです。
観光客が集まるCassisカシに比べ、この辺りの人たちが住む港町という感じで開けています。
シオタからカシに向かう途中のローターから【Mont Gibaou】というカンムリ型の山に登る道があります。↓↓その入口付近↓↓

d0153860_13384474.jpg

この山↓の左端先のところからCassisカシの街と港、海がきれいに見えます。
d0153860_13425588.jpg
入り口から歩くこと約1時間足らずで頂上です。
d0153860_13455891.jpg
【Mont Gibaou】というカンムリ型の山から見下ろしたカシCassisです。
d0153860_13465906.jpg
周りの段々畑にはブドウが植えられていて、カシの白ワインはここでとれる魚介類に合います
d0153860_13491151.jpg
岩山なので底の厚いしっかりした靴を履いて登ると疲れません。
今年は山つつじが咲き始めで数が少なかったです。
d0153860_16544744.jpg
あと1週間もすれば山中に咲き誇るでしょう。
d0153860_16550711.jpg
ピンクの可愛いはなです。白い色のもありますが、今回はまだ咲いていませんでした。

d0153860_13520204.jpg
足元を見るとタイムの花が咲き誇っていました。
d0153860_13531815.jpg
淡い紫でとてもかわいい!
d0153860_13541826.jpg
エニシダも咲いています。
d0153860_13550400.jpg
花が咲きだすと山歩きも楽しいです。
d0153860_17255180.jpg
Mont Gibaouを通り過ぎカナイユ岬Cap Canailleを目指して歩いていきます。右手山形にとがった部分のところ辺りからカナイユ岬Cap Canailleになります。

d0153860_17324988.jpg
歩いていくと段々カシの街が近くなります。
d0153860_17334604.jpg
お天気が良かったので海のブルーはさえわたっていました。
d0153860_17351485.jpg
青い海の真ん中にポツンと白い船が見えました。
歩きながら進むとカシの入り江の景色が変化します。
d0153860_17373776.jpg
今年もカナイユ岬にへばりついて崖のぼりを楽しんでいた人たちがいました。
d0153860_17395482.jpg
d0153860_16554879.jpg

風もなく暖かい日差しをあびてこの景色での崖のぼりは最高なんでしょうね!
高いところが平気な人にはお勧めの場所です。

d0153860_17403351.jpg
こんなところで岩登りを経験したらやみ付きになるかもしれません。
d0153860_16561625.jpg

この場所の反対側には車を駐車できるスペースがあり、
観光バスでもこの場所を訪れることが可能です。

バスで来られたお年寄りグループがガイドさんの説明を聞き入っていました。









[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-04-06 13:55 | その他のお勧めどころ | Trackback | Comments(2)