「ほっ」と。キャンペーン

南仏プロヴァンスの大自然の魅力

scarabee.exblog.jp
ブログトップ

春を告げる花 アーモンド

d0153860_17584735.jpg
コットダジュールではミモザが春を告げますが、ここプロヴァンスはアーモンドの花が咲きだすと春です。
d0153860_17583363.jpg
犬の散歩コースにもアーモンドの木があちこちにあります。
d0153860_17580127.jpg
昨年は真冬が春のように暖かく、狂い咲きしたアーモンドが3月頃に寒さでダメになり実が付きませんでした。今年はそんなことがないように暖かさも順序よく来てほしいものです。
d0153860_17574921.jpg
去年駄目だった分今年は思いきり咲き誇っているような感じがします。
d0153860_17572868.jpg
いつもは花をつけないで枯れているかのような木まで花をつけています。

d0153860_17594819.jpg
一斉に咲き出したので慌ててカメラを持って出ました。
ブドウの木はまだ全然芽吹いていませんが、
アーモンドの花が終わる頃には他の植物も芽吹きだします。

d0153860_18004341.jpg
青空にピンクの花が映えて気持ちの良い季節がやってきました。
d0153860_18013754.jpg
d0153860_18010308.jpg
日中は20℃近くまで上がってきて風のない午後からは汗ばむくらいです。

d0153860_18015728.jpg
d0153860_18021918.jpg
この花が咲き始めると蜂が巣を作り出すのでアブ・蜂取りの仕掛けを慌ててつくりました。

d0153860_18032850.jpg
d0153860_18035860.jpg
まあ、なんと可憐な花でしょうか!ここに沢山アーモンドがなります。
d0153860_18042328.jpg
アーモンドの花は桜によく似ていますが一回り大きくしっかりしています。
d0153860_18050683.jpg
近寄ると甘い香りが漂いっていました。
d0153860_18054683.jpg
家の垣根づたいにある古いアーモンドの木にも今年はしっかり花が咲いています。
d0153860_18052981.jpg
プロバンスに春がやってきました。


[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-02-25 18:24 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

タルチフレット Tartiflette

お天気も悪く、あまり外に出歩きたくない気分の時は、家で料理作りを楽しむといいですよね。

今日は冬の定番、タルチフレット Tartiflette をご紹介します。
材料は
煮崩れしにくいタイプのジャガイモ(フランスならBF15, chatlotte,  roseval )と玉ねぎ、ベーコン、タルチフレット用のチーズとしてルブロッションReblochonがあればOK

フランスでもこのチーズはちょっと高めの部類に入るので、日本で用意するとなると高級料理になってしまいそうですね。

最近はルブロッションよりお値段の安いタルチフレット用チーズというのがスーパーで出ています。これもかなり特売で売られていることが多いので今回はそれを使ってみました。 味は断然本物のルブロッションがやっぱり美味しいです。

d0153860_17272283.jpg
材料:(4人分) ジャガイモ 800g、 玉ねぎ 4個 、
         ベーコン  200g、 ルブロッション 400g、
         オリーブオイル、 コショウ、 ナツメグ


d0153860_17334473.jpg
①ジャガイモを皮つきのまま、少し硬めになるように20分ほど塩ゆでにする。
ざるにとって冷ましたら、皮をむいて少し厚めの輪切りにします。
d0153860_17353461.jpg
d0153860_17393661.jpg
d0153860_17395216.jpg
②ベーコン200gは小さく切り、玉ねぎ4個は皮をむき二つに割ってからせん切りにし、大さじ3杯ほどのオリーブオイルでいためます。
d0153860_17400633.jpg
③色が着いてきたら、ジャガイモを加えコショウをしっかりときかせ、全体を混ぜ合わせます。
d0153860_17403220.jpg
ベーコンやチーズの塩気があるので塩を入れる必要はありません。
d0153860_17401706.jpg
上の写真のように切っておく
d0153860_17404801.jpg
④これを天日皿に平均に並べ、その上にルブロション(400g約1個)を短冊に切ったものを一面に並べナツメグを振りかけ、余熱しておいたオーブン(200℃)に20分ほど入れて、上のチーズがすっかり溶けたら出来上がりです。
d0153860_17411336.jpg
少しづつ取り分けてグリーンサラダとともに出せば見劣りしない1品になります。
d0153860_17413417.jpg
熱々を召し上がれ! Bon appétit ! ボナペティ!

     

[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-02-18 17:52 | フランスの家庭料理 | Trackback | Comments(2)

Garette des Rois ガレット・デ・ロワ

d0153860_18531012.jpg

ガレット・デ・ロワはフランス語で「王様のお菓子」という意味を持ち、

毎年エピファニー(公現節)1月6日に食べるフランスの伝統菓子です。

フランスの地方ごとに少しずつ異なりますが、最も一般的なものは紙の王冠がのった折りパイフランジパーヌアーモンドクリーム)が入ったパイ菓子で、中にフェーヴfèveソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っています。公現節1月6)に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続すると言われています。名称の「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる東方の三博士のことです。


このお菓子はスーパーなどでも箱に入って売られているのですが、保存料が沢山入っているのか私は食べれません。

パン屋さんで売っているガレットは美味しいですが、結構値が張ります。したがって手作りとなる訳です。

d0153860_19043167.jpg

【材料】

パイ生地      2枚

アーモンドプードル 100g

砂糖        80g

無塩バター     100g

卵         2個

卵黄        1個分

フェーヴ(fève)  1個 


①200℃にオーブンを暖めておく。


d0153860_19085780.jpg













d0153860_19161007.jpg

②室温で柔らかくなったバターに砂糖をいれ混ぜ合わせる。次に割って少しかき混ぜた卵を少しづつ加え混ぜ合わせる。

そこにアーモンドプードルも入れてよく混ぜ合わせる。これをフランジ―パットと言います。

d0153860_19103501.jpg
③市販のパイ生地は半径がかなり大きいので私は一回り小さめのピザが乗っていた円盤を使ってカット。パイ生地にホークで適当に穴を開けます。

④②で出来たフランジ―パットを2㎝くらいの厚みに置く。この時円の淵から2㎝くらいは開けておく。

d0153860_19201222.jpg
可愛いフェーブがあればそれを1つ埋め込む(陶器で出来たものや、プラスチック製の物など色々見かけます)
d0153860_19195400.jpg
⑤その中にフェーブを入れる。もう一枚のパイ生地を上からかぶす。円の淵をフォークで押さえて上と下のパイ生地をひっつける。

⑥ナイフで筋をつけ、ところどころに穴を開けておく。

⑦卵黄に小さじ1/2ほど水をいれのばしたら、パイ生地の上に刷毛で塗る。

d0153860_19300186.jpg

⑧200℃に暖めておいたオーブンで35分ほど焼く。途中焦げないようにチェックすること。



d0153860_19302114.jpg
出来上がり
d0153860_19303937.jpg
手作りお菓子は安心でやっぱり美味しいね。



[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-01-31 19:33 | お菓子作り | Trackback | Comments(4)

アトリが家に遊びにきました

d0153860_23274635.jpg


今年はアトリを沢山見かけます。
昨年はイタリアそれも都会に大量に表れたらしくニュ―スで見ました。
あまりに数が多くて糞の始末に追われているとか言っていました。
昨年はそのせいかアトリの数が少ないと思っていましたが、今年は沢山きました。

d0153860_23290029.jpg

こんな感じで大量の鳥が餌を探しに降りてきます。

d0153860_23302256.jpg

隣の空き地には所狭しとやってきました。

d0153860_23312069.jpg


庭の木にもいっぱい止まっているのですが、保護色なので声はすれども姿は見えずです。



d0153860_23330049.jpg

飛び立つと隠れていたことに気づきます。

d0153860_23342916.jpg

飛び降りたり飛び立ったり、これだけの数になるとその羽の音がすごいのです。


d0153860_23344920.jpg

木じゃないところの方が姿が良く分かります。
d0153860_23351176.jpg
電線に止まって仲間たちの様子を見ているアトリです。








[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-01-19 23:46 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

羊飼いに出会いました

家のすぐ近くの空き地に沢山の羊が現れました。
d0153860_13331022.jpg
羊飼いのおじさんと犬4匹が見守る中、もくもくと草を食べていました。


d0153860_13365606.jpg

4匹いる中で一番賢くておとなしい犬です。



d0153860_13380335.jpg
羊が間違って道路の方へ移動しそうになると、すぐに走って行って道をふさぎ、少し吠えて方向を変えさせます。

d0153860_13400058.jpg

d0153860_13482137.jpg
ひつじたちはもくもくと雑草を食べます。
1日経つとその地はきれい刈られた後のようにスッキリしています。
電気もガソリンも使わない、騒音もない、とてもエコロジーな除草作業です。
羊が落とした糞はちゃんと肥料として役立ちます。
そんなこんなでいい事ずくめの羊による除草作業は農家の間で流行っています。

d0153860_13450480.jpg
羊飼いのおじさんはルーマニヤ人でフランスに出稼ぎに来ているそうです。
11月にもなればルーマニヤは雪で覆われ仕事がなくなるし、羊飼いの賃金もフランスと比べるとかなり低いらしいです。
だからこの時期はフランスでこの仕事をしているそうです。

d0153860_14190382.jpg
春になって雪が解けだしたらルーマニヤに戻って山に羊を移動させ、山に生えた新しい草を食べさせるんだそうです。
ルーマニヤの山では3000頭もの羊を1人で移動させるらしいです。
d0153860_13482137.jpg

このおじさんの写真を撮らせてもらうのを忘れていました。ほとんどフランス語が話せない人で身振り手振りを加えての会話でした。
動物相手にはフランス語も必要ないですから、言葉が話せなくても仕事は出来るのですね。いろんな仕事があるものだと思いました。








[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-01-08 14:13 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(3)

あけましておめでとうございます。Bonne Année!(ボナネ!)

2017年新しい年になりました。皆様は如何お過ごしでしょうか?

我が家は毎日人参、レモン、リンゴのゲルソンジュース⇒ http://www.artakaya.com/yasai_jus.htm から始まります。
というのもかれこれ6年ほど前に主人が喉頭がんになり、ある方から頂いた情報を元に免疫作用を高めるためにずっとこれだけは欠かさず続けています。私も一緒に飲んで、風邪の予防、シミの減少などいろんな恩恵を頂いている感じです。
幸いなことにフランスは野菜が安いので、値段を気にせず作れるので、続けられる理由の一つかもしれません。 確かに再発してないので主人には効果があるのではと思っています。
d0153860_11385463.jpg
いつも朝はパン食なのですが、元旦だけはまね事のおせちを頂きます。
お雑煮は関西風の白みそ仕立て、今年は黒豆、ごまめ、数の子、銀杏が手に入ったのでちょつと日本風になっているかと・・・・
d0153860_11381508.jpg
レ・ボー・ドゥ・プロヴァンスでオリーブオイルとワインを作っているシャトゥーに寄る機会があり、その時にノンアル―コルのスパーリングワインを試飲させてもらいすごく美味しかったので、お正月用に1本(ロゼ)を頂いてきました。

ノンアルコールのワインと言えばブドウジュースの甘みを少し抑えた感じだけでとても美味しいとは言えなくて長い間敬遠していましたが、このノンアルコールワインはお勧めします。とても口当たりもいいし、食事にも合うし、雰囲気もまるでシャンパン、そしてお値段はワインの二分の一とても気に入りました。飲める人がいる場所でもこの1本があればその場の雰囲気も壊れないし、飲める人との間が合いますよ。

実は主人はもちろんのこと私もかなりお酒はいける方だったのですが、15年ほど前に主人がお酒を卒業してから私もほとんど飲まなくなり、たまに飲むとコップ1杯で翌日、二日酔い状態になるとてもピュアな体になりしまして、今ではノンアルコール飲料しか飲めません。そんな訳でこのワインとの出会いは嬉しかったです。



d0153860_11383307.jpg
それでは皆様のご健康ご多幸をお祈りして乾杯です。





[PR]
# by mazan_scarabee | 2017-01-02 12:02 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

アンディーブのハムまき(Endives au Jambon)

冬のお助け野菜、アンディーブを使ったお料理です。
フランスではハムはいろんな種類があり、2,4,6枚と枚数もいろいろ取り揃えてあります。
チーズ・乳製品に次いで大きな場所が設けてあります。
d0153860_12235419.jpg
ハムは1人2枚、アンディーブも一人当たり2個づづ使います。

ちょっと余談ですが、日本にアンディーブが輸入されたときチコリーも一緒に入ったらしく、その時の翻訳が入れ替わったために、長い間アンディーブがチコリーとよばれ、チコリーがアンディーブになっていたようです。
これではやっぱりいけないということで、最近は訂正した名前で呼ばれることが多くなっているようですが、以前に覚えた方は頭の中で名前が反対になっていると思います。

d0153860_12375271.jpg
              ↑↑↑この野菜がチコリーです。↑↑↑
d0153860_12380538.jpg
        ↑↑↑そしてこの野菜がアンデーブです。↑↑↑

今回は円錐系の下の野菜(アンディーブ endive )を使います。 
1850年頃、ベルギーのお百姓さんが暗闇で白く変色した野生のチコリーの根を見つけ、柔らかくて美味しそうと口にしたのが起源だそうです。その後品質改良されパリの中央市場に1879年に初登場したそうです。
もともとはチコリーの根っこだったのですから、まんざら間違いでもないのですが、呼び名としてはアンディーブで通っていますのでよろしくお願いします。

さて前置きがずいぶん長くなりましたが、今日の家庭料理【アンディーブのハムまきベシャメル・ソース】に進みたいと思います。
フランスでは1㎏と称して袋に5~6個入り、2ユーロくらいで売られています。
まずはアンディーブの汚れた葉を取り除き表面をさっと水洗い、水気をぬぐい底の根の部分を先のとがったナイフでえぐり取る、そうするとアンディーブの苦みが取り除ける。
d0153860_12133841.jpg

底の広い鍋にバターをたっぷりとり、強火にする。なるべく重ならないようにアンディーブを並べ、水1カップ、レモンの絞り汁かお酢を少々、塩を一つまみ。蓋をし、沸騰したら中火で15分ほど。
d0153860_12192165.jpg
d0153860_12231235.jpg

火から離し冷めたら(ぞうきんを絞るような感じで)しっかり水気を切り、ハムを包んでバターを塗った天火皿に並べる。
d0153860_12241050.jpg
d0153860_12242892.jpg
私は食べやすいように1人前づつグランタン皿に入れてみました。

ベシャメルソース(ホワイトソース)を作ります。
d0153860_12272720.jpg

バター30グラム、小麦粉30g、牛乳375㏄ (4人分として)

d0153860_12434177.jpg
牛乳は温めておく、フライパンを弱火にかけたらバターが溶けたら同量の小麦粉を加え、
手早く下記ませながら1分ほど。(炒めすぎるとブラウンソースになってしいます)
d0153860_12443035.jpg
d0153860_12450121.jpg

いったん火から下し、温めた牛乳を少量加え、なめらかになるまで木のへらでよく混ぜ合わせる。
ここでまた火に戻どし(さらに弱火)、丁寧に休みなくかき混ぜながら、残りの牛乳を加えていく。
牛乳が熱いのが秘訣です。バターが速やかに溶けるためだまが出来ないのです。
塩・コショウをして5分ほど弱火でにてトロミとつやを出す。
常にかき混ぜることを忘れずに。
d0153860_12455293.jpg

ここにグリエールかパルメザンの粉チーズを50gくらい混ぜ込み、
ペースト状になったらハムを巻いて天火皿に置いたアンディーブの上にかける。

d0153860_12470389.jpg
d0153860_12535176.jpg

おろしたナツメグとパン粉バターを置いて強火のオーブンへ
焦げ目がついたら出来上がり!(10分くらい)
d0153860_12542282.jpg
d0153860_12545962.jpg
上質の黒トリフが手に入ったので、サラダにかけて豪華な1品になりました。

        ボナペティ! 【Bon Appétit!】







[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-12-26 12:56 | フランスの家庭料理 | Trackback | Comments(0)

もうすぐクリスマス Noël(ノエル) です

巷ではクリスマス商戦真っ盛り、今日土曜は売り上げにとって大事な日のようで、あちこちでマルシェ・ドゥ・ノエルという市が出ています。
その村の特産品や一押し商品をパッケージして売られています。

先日ㇾ・ボー近くにあるシャトゥーホテルに行く機会があって、改装したてのホテルの中を見学させてもらいました。
d0153860_18454641.jpg
入り口のドアを開けると、動く白クマが出迎えてくれました。

d0153860_18470127.jpg
サロンは20人くらい軽く入れる広さがありました。

d0153860_18481007.jpg
サロンには赤が目立つ大きなツリーが置かれていました。

d0153860_18500083.jpg
ちょっとしたスペースにもクリスマスの可愛い飾りつけがしてあります。
d0153860_18513860.jpg
サロンの隣には食事をする部屋がありクリスマスのディナーの用意がしてあります。
10人分の席がありました。

d0153860_18520464.jpg
各部屋のシャンデリアがこれまた素敵でした。


d0153860_18572370.jpg
違う方向からみるとこんな感じです。

d0153860_18574662.jpg
パイナップルとオウムの置物、広いのでなんでも映えます。

d0153860_19493563.jpg
10人づつ食事のできるお部屋が3つありました。
それぞれ、色彩、食器の色も変えてあり雰囲気が異なります。
d0153860_19522426.jpg
暖房は全館きいているので飾りとなった暖炉にはキリスト誕生の様子を表す人形が置かれていました。

d0153860_19543689.jpg
家族でくつろげる小さめのサロンも用意されていました。大きなツリーもあり、
ポインセチヤの赤い葉がクリスマスの雰囲気を奏でていました。
クリスマスの気分にどっぷり浸からせてもらいました。
d0153860_19595065.jpg
シャトーホテルの敷地内には小さなシャペルがありました。
その中にCrèche(クレッシュ);キリスト降誕の場の大型模型がありました。


d0153860_20011659.jpg
ほぼ人間と同じくらいの大きさで驚きました。









[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-12-10 20:06 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

鶏のボンヌ・ファンム (Poulet Sauté à la Bonne Femme)

鶏の煮込み料理の中でも最も簡単な部類に入る料理です。
フランスの家庭料理は簡単で美味しいのです。ぜひトライしてみてください。

≪材料:4人分≫

鶏もも肉 4本 

じゃがいも 4個(

ベーコン(かたまり)200

小玉ねぎ 16

ブーケガルニ 1束

ブイヨン 2カップ(400cc

バター  60

サラダ油 大さじ4(60cc

パセリのみじん切り 小さじ2

塩・コショウ

≪作り方≫

d0153860_01144599.jpg
(私たちは2人なので半量で作っています)

1. 鶏のもも肉は、関節のところに包丁を入れて2つに切り、塩・コショウで下味をつけておく。ベーコンは1㎝角に切っておきます。じゃがいもは皮をむいて1㎝角に切り、よく水洗いしておきます。小玉ねぎは皮をむいておきます。

d0153860_01162857.jpg


d0153860_01155857.jpg


小玉ねぎが大きかったので半分に割っています。




    2. フライパンに半量のバターとサラダ油を中火で熱し、鶏肉を黄金色になるまで炒め、とりだします。

d0153860_01171242.jpg

3.鍋に残りのバターとサラダ油を、ベーコンを入れて中火で熱し、温まったら、じゃがいもと小玉ねぎを入れて炒めます。


d0153860_01201110.jpg
d0153860_01203796.jpg



    4. 32の鶏肉を加え、ブーケ・ガルニ、ブイヨンを入れます。材料にブイヨンがかぶる位の量にすること。蓋をして弱火でゆっくりと煮込み、塩・コショウで味をととのえます。
d0153860_01214563.jpg



d0153860_01223164.jpg



    5. 鶏肉と野菜に火が通れば出来上がり。少し深みのある皿に盛りつけ上にパセリのみじん切りを散らします。

d0153860_01232236.jpg
付け合わせにサラダを置いてみました。 Bon appétit ! (ボナペティ!)沢山召し上がれ!

d0153860_01235431.jpg
煮汁のブイヨンが残ったらスープとして楽しめます。
次の日のスープにどうぞ!コクが出ていてとても美味しいです。



[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-12-07 01:26 | フランスの家庭料理 | Trackback | Comments(0)

=プロヴァンスのラタトゥイユ=

日本から南フランスに帰ってくると野菜の値段がすごく安く感じる。

今はもう冬なので夏野菜も少なく、高くなっているはずなのですが、スペインやモロッコといった少し南の国から野菜が入ってくるので、驚くほど値が上がりません。

そこでベジタリアン料理ともいえる《ラタトゥイユ》を作ってみました。
家庭で作るラタトゥイは野菜を大きめに切ってドーンと炒めるって感じです。


≪材料:4人分≫

ズッキーニ 4本 

西洋なす1個(日本の茄子だと4つくらい)

トマト 4個(高ければ缶詰で代用できます)

緑のパプリカ 1個

赤のパプリカ 1個

玉ねぎ 1~2個

タイム 2枝(瓶入りだったら二つまみくらい)

オリーブオイル 大さじ4

塩・コショウ 

(好みで蜂蜜 小さじ2 / ベーコンの細切り 50g)



≪作り方≫

  1. 野菜を洗う。 玉ねぎは皮をむいてみじん切りにする。 ズッキーニとなすは大きめのサイコロ形に切る。パプリカは半分に切って種を出し、太めの短冊に切る。(一口大の大きさなら切り方は自由)

    d0153860_16550068.jpg

    d0153860_16555251.jpg
    d0153860_16570535.jpg
    d0153860_16574744.jpg


  2. ココット(cocotte)鍋(日本ではどうやらストウブ鍋と呼ばれているらしい)にオリーブオイルを入れみじん切りにした玉ねぎを入れてきつね色になるまで炒める。

    d0153860_16583486.jpg

    d0153860_16592296.jpg

  3. 玉ねぎが色づいたら次になすを入れて弱火で10分炒める。その次にズッキーニとパプリカを入れよく混ぜながらもう10分弱火で炒める。

    d0153860_17001198.jpg

    d0153860_17004259.jpg



  4. 10分経ったらトマトとタイムを入れ、塩コショウする。蓋をして25分弱火で煮詰める。
    d0153860_17015061.jpg



    d0153860_17042400.jpg


    ※時々蓋を開けて混ぜ合わせこげないように気をつける。水分が減っているようだったら水をカップ1杯くらい入れて混ぜ合わせるとよい。出来上がり!

冬野菜は旬の時期と比べると野菜の味が浅いように思います。物足りないときは少し蜂蜜を加えたりベーコンの薄切りを加えるとコクがでます。好みで試してみてください。

ラタトゥイユは熱くても美味しいですが、冷めたものも美味です。サラダ感覚で食べるのもよし、いろんなパスタを添えてメイン料理としても最適です。


[PR]
# by mazan_scarabee | 2016-12-02 17:07 | フランスの家庭料理 | Trackback | Comments(0)