人気ブログランキング |

南仏プロヴァンスの大自然の魅力

scarabee.exblog.jp
ブログトップ

=ラベンダーが咲き出しました=

マザンは標高150mなのでラベンダーで有名なソー周辺とくらべると5℃近く気温が高いです。その所為もあってこの周辺のラベンダーの開花は一番早そうです。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15371473.jpg
Thorという村に鍾乳洞があって見学できるのですが、そこの前の道路から
カルパントラへ向かう道あたりに沢山ラベンダーを栽培している畑を見つけました。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15370291.jpg
ここのラベンダーは標高の低い場所にできるLavandinでLavandeと比べると
薬効効果は少なく香り専門といってもいいのですが、大量に作れることが魅力です。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15373512.jpg
このあたりのラベンダーは6月末ごろまでが見頃ですが、
花が開花すると順番に刈り取られます。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15372600.jpg
時期を逃すと刈り取られた畑しか見れませんので悪しからず。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15384793.jpg
この辺りは観光化されてないし土産を売る店も1件もありません。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15390925.jpg
ラベンダーの香りが漂い気分をほぐしてくれます。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15392622.jpg

太陽が当たると紫色も映えてきれいです。ここ1週間ほどが見頃です。
=ラベンダーが咲き出しました=_d0153860_15383082.jpg
ここの見頃が終わるころから標高の高い地域でのラベンダーが咲き始めます。


# by mazan_scarabee | 2020-06-15 15:52 | マザン周辺 | Trackback | Comments(0)

自粛は解除されましたが・・・・

5月11日にフランスは自粛が解除され、少しづつ前の状態に戻ろうしています。
カルパントラの朝市は解除後2回目の金曜でしたが、店屋との距離が開けられ、自由に商品に触れることができません。なんだか市の温かみや、人とのふれあいがまったく無くなり、魅力を感じられません。
自粛は解除されましたが・・・・_d0153860_12000755.jpg
出店は両サイドに分けられ、中央はテープで区切らせて一方通行です。
道の入口と出口には警官が立っていて一方方向にしか移動できないことを告げていました。
自粛は解除されましたが・・・・_d0153860_12003132.jpg
出店しているお店もまだ数がすくないのですが、
朝市に来ている客は解放後の1回目より少ない感じがしました。
自粛は解除されましたが・・・・_d0153860_12011554.jpg
こんな感じじゃ朝市といえないですからね、前回来た人はもう来なくなっているのかも。
自粛は解除されましたが・・・・_d0153860_12004876.jpg
自由に選ぶことも許されないテープが張られていて、コロナに感染したくないけど
こんなんじゃ買い物もできないと思います。
自粛は解除されましたが・・・・_d0153860_11595028.jpg
アクリル板で囲われた向こう側にお店の人が見えますが、
距離がある買い物ってやりにくいものです。
自粛は解除されましたが・・・・_d0153860_12010211.jpg
商品から1mのところにテープが張ってあって近づけないようになっています。
メロンも触れないから買う気になれませんでした。
おしりを触ってにおいを嗅いで食べごろかどうかの判断はお店の人に任せるしかないのです。
この状態いつまで続くのでしょうか?これじゃ商売もなりたちません。心配です。



# by mazan_scarabee | 2020-05-26 12:17 | マザン周辺 | Trackback | Comments(2)

自粛解除されました!


5月11日に自粛が解除になりました。 100km以内は許可書なしで行動できます。
紙を持つか持たないかの事ですが、気分の軽さが違います。
少し危険なのは、コロナウイルが無くなったわけではないので、気を緩めたとたんに2次感染ってことにもなりかねません。
人と接するところに行くときはマスクは必要ですね。そしてこまめな手洗い、消毒は癖にしないといけないですね。
近くの農家の直売所に行っていました。
自粛解除されました!_d0153860_16550041.jpg
イチゴ1㎏とサクランボ500gで10€(約1200円)
芍薬は5本で5€、1本あたり約120円でした。
今日は土曜ということもあって結構人が買いに来ていました。
コロナ対策で店は狭いので2人までしか入れません。 
人との距離も1mとって会計に並びます。
こんな事がいつまで続くのでしょうか? 
物が買えない訳ではありませんが、

金曜の朝市も規制が厳しく、買い物は一方通行、
店は隣とかなりのスペースを空けて設置、
手に取って商品が見れないし、買えないので
買い物気分が失せていきました。
お店もいつもの3分のⅠ程度の出店で何とも味気ない!
2か月ぶりの朝市にはがっかりしましたが、
新鮮な魚が久しぶりに手に入ったのでよしとしましょう。





# by mazan_scarabee | 2020-05-16 17:07 | マザン周辺 | Trackback | Comments(2)

コロナ太り

自粛生活で行動範囲が狭まり、家の中での動く量というのは本当に限られているみたいです。
できるだけ用事を自分に課して何とか動こうと思っているのですが、運動量が足りないな~
3食しっかり作って、きっちり食べ、おやつも少しなんて生活していたら
とうとう2㎏増えてしまいました。
(私は便秘症でしっかりため込んでしまうので、体重がすぐに増えます)
自粛中にフランス人は平均2.5㎏体重が増えているそうですから一般なのかもしれませんが。。。

コロナ太り_d0153860_23505642.jpg
マザンはアスパラガスの産地なので、この時期農家で直売をしてくれます。
それが新鮮で、安いときているので、この機会を逃してはいかんと毎日食しています。
毎日食べでもあきません。 毎日・毎回【最高!おいしい!】の連呼です。
コロナ太り_d0153860_23510514.jpg
5月がアスパラの最盛期です。
味も最高!値段は 1㎏:5€(600円) 1人分150円くらいで5~6本食べれます。
コロナ太り_d0153860_11031845.jpg
これを逃すのはもったいないと、毎日夕食の前菜はアスパラガスです。
幸せなひと時を味わっています。
この後、がっつりメインにデザート181.png ときたら、やっぱり体重増えますね。
でも、やめられない! 止まらない! 美味しい! 
アスパラガス、今年の目標は40回!
味付けはカマルグの塩の結晶とオリーブオイルとコショウ少々、最高です!

# by mazan_scarabee | 2020-05-07 11:36 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

あと1種間で外出禁止令が解かれます!

初夏の気温になってきました。日差しも強くなり帽子は必携です。そして今やフランスでもマスクが必需品!
あと1種間で外出禁止令が解かれます!_d0153860_23472979.jpg
朝日をあびてブドウの木の葉がぐいぐい伸びてきました。
あと1種間で外出禁止令が解かれます!_d0153860_23475250.jpg
一日ごとに緑が濃くなってきました。
あと1種間で外出禁止令が解かれます!_d0153860_23480147.jpg
この木は樹齢がかなりいっています。
あと1種間で外出禁止令が解かれます!_d0153860_23474137.jpg
あと1週間で許可書を携帯しないでも散歩可能になります。
私たちの住むボークルーズ県はコロナウイルの警戒区域の指定が
【緑】で感染者が少ない地域になっています。
自宅から100km以内の行動の規制が解除され、
気軽に買い物にも行けるようになります。
今とそんなに変わらないのですが、気持ちが軽くなる感じがしています。




# by mazan_scarabee | 2020-05-04 23:57 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

Restez chez vous ! 家にいてください!

Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04054586.jpg
ブドウの木が芽吹いてきました。
Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04042836.jpg
外出禁令がでてから5週間がたちました。フランスはとうとう死者2万人を超えてしまいました。
最近になって人との接触が制限されてからやっと効果が出てきたようで、感染者数が減少方向に!
あと2週間で自粛が解除されます。
その後も人との距離を取る方法で経済を動かしていく予定のようです。

日本はやっと店を閉め、家でこもることが今一番必要な時期となったようですね。
ウイルスに対する特効薬もワクチンもまだないこの現状では、これしか方法がないのです。
最初のころは慣れないのと、押し寄せる不安とで時間がすごく長く感じましたが、
人間は慣れる生き物ですね。今ではあと2週間は2日後のような速さになってきました。

世界中でマスクが不足ですね。まずはどうしても人と接触しないといけない仕事をされている医療機関の方やゴミ収集、宅配、食料品販売に携わる方にウイルスカットの使い捨てマスク、ゴム手袋がいきわたるように国にお願いしたいですね。
この人たちは命がけで仕事をしてくれている訳です。 ありがとうございます。

人が出歩かなくなった自然界は空気が澄み渡り、動物が自由に跳ね回っています。
緑は春の新緑から濃くなり、初夏の色に変わってきました。そして静かです。
Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04040643.jpg
 コクリコ(ひなげし)が咲いています。
Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04035676.jpg
ひときわ赤色が冴えわたります。
Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04034531.jpg
ブログでは鳥の声を貼れないので残念ですが、鳥たちのさえずりが響き渡ります。
Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04043974.jpg

外出許可書を持って、マスクをして朝の30分の散歩しています。
これををするようになってから体のリズムが良くなりました。
Restez chez vous ! 家にいてください!_d0153860_04045237.jpg
所々でウサギやリスが顔を出し、自由に走り回っています。

うつさない!うつらない!
Restez chez vous ! 家にいてください!頑張りましょう‼


# by mazan_scarabee | 2020-04-27 11:09 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

リンゴの花とサクランボの花


コロナウイルスに対する外出禁止令が出てから、3週間が過ぎました。まだウイルス反応陽性の人、死者の数が一向に減りません。多分3週間前の対応が甘かったせいで、おつりがきているのだと思います。数が減りだすにはあと1か月はかかるでしょうね。
リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13162681.jpg
我が家のサクランボの木です。


例年なら春はお天気が不安定で雨が結構降ったりするのですが、こんな時期に限ってぽかぽか陽気の好天気が続いています。

今週末に散歩・ジョギングと称して出歩く人が多くなりそうなので、政府の方々はその対策に躍起です。以前は薬局に行っても【マスク】は棚に並んでなくて、言うと奥からおもむろに出してくるという商品でした。もちろんスーパーでは一度も見たこともありませんでした。風邪をひいて【マスク】していると白い目で見られたのに・・・・

一昨日からは【マスク】なしでは外出禁止になりました。マスクは医療関係の人も手に入りにくくなっているのに、一般人はどうやって購入すればという話ですが・・・・新聞に大きく手作りの方法がのっていてました。とにかくマスクをしてないと135€の罰金です。日本は休業するお店の手当てを保証するそうですが、違反して出歩いている人からは多額の罰金を取るようにして、資金を調達するのは如何かな?特別なことで外出しないといけない人にはフランスのように許可書を出して、それを持ってない人からは容赦なく罰する、そうでもしないとなかなか人は言うことを聞かないですね。なんのお咎めもないのに従いますかね。自己中の人が増えている昨今、コロナウイルス拡大防止には確固たる方針が必要です。マスク・手洗い・消毒はもちろんですが、自己防衛策は人と接する機会を減らすしかないですね。油断大敵です!頑張りましょう‼

さて巷では暗いコロナニュースがはびこっていますが、
自然界は春爛漫。 家のサクランボの花と近くの野生のリンゴの花が満開です。

リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13163706.jpg
沢山花が咲いてミツバチが集まってきています。

リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13164523.jpg
沢山サクランボがなるのですが、食べごろになると鳥と虫がみんな食べてしまいます。
リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13165463.jpg
鳥にやられない前に食べる分だけ収穫します。

リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13155064.jpg
こちらは野生のリンゴの木です。
リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13161403.jpg
花はほのかにピンクが入りかわいいです。
リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13160537.jpg
車や人が通らなくなり益々空気が浄化されて澄んでいます。
リンゴの花とサクランボの花_d0153860_13153736.jpg
早くコロナウイルスの収集の目処が立ってほしいですね。
Restez chez vous ! 家にいてください!
フランス国内の合言葉です。 日本でも!


# by mazan_scarabee | 2020-04-10 13:46 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

花たちが春が来たことを知らせています。

コロナウイルスで生活必要品を求める以外はあまり出歩かないようにとフランス国からお達しがでました。
でも生野菜はなくなったら買いたいし、近くのミニスーパーに出かけたらなんと人でいっぱい!
マスクしてこなかったことを後悔! 
そそくさと人を避けてほしいものだけ買って自分で持ってきた買い物かごにいれてカードで精算!
このスーパーから家まで約2㎞あるので帰りは、運動がてら歩いて帰ることにしました。

花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17205398.jpg
コロナの所為でマザンの幼稚園も小学校も今日から2週間はお休み! 
村は静かで閑散としていました。
花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17202479.jpg
帰り道でエニシダが勢い強く咲いていました。
花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17203261.jpg
エニシダの間には黄色い小さな花が絨毯のようにさいていました。
花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17204556.jpg
花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17211945.jpg
ムスカリも沢山さいています。
花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17212856.jpg
日あたりの良いところではこんな風に群生してました。
花たちが春が来たことを知らせています。_d0153860_17210532.jpg
景色だけ眺めているとコロナウイルスはどこにいるのかと思ってしまいます。
家に着くまで車2台とすれ違いましたが、人は誰も見かけませんでした。
1日最低6,000歩を目標にしているのですが、スーパーからの帰りだけでは足りないな~

# by mazan_scarabee | 2020-03-17 17:30 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】

岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18160911.jpg

コロナウイルスがヨーロッパを襲ってきました。
毎週金曜はカルパントラの朝市に魚を買いに出かけるのですが、
今日はやめておきいた方が安全ということで家からあまり出ないことにしました。
久しぶりの好天気、風もなく暖かく、家の中にいるのはもったいない気がして
1時間ほど散歩してきました。
マザンから車で15分もかからない場所に岩の中にひっそり佇む小さい村ル・ボーセがあります。
人口は400人に満たないとても小さな村です。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18161945.jpg
岩が向き出ていてそこを上手に利用して家を作ったりしています。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18162893.jpg
こんな小さな村にもかつてはお城があったようです。
今はだいぶ朽ちて廃墟のようになっていますが、
補修工事によって集会所などに利用できるスペースが設けられています。
この写真のところからシャトーに行く道がありました。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18163951.jpg
石作りの古い建物が迫っています。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18170911.jpg
家の入口の門にフライパンがつるしてあり面白いデザインの門がありました。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18172284.jpg
それそれの家が個性を生かしたアイデアで庭を造られていてほほえましいです。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18173367.jpg
道端にすみれの群生がありました。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18174178.jpg
岩の中に集まった枯葉の土から育ったみたいです。

岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18180846.jpg
城跡から教会を通してみた景色です。

岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18181766.jpg
もうエニシダが咲いていました。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18182890.jpg
城壁の前にはピクニックのできる場所が設置されていてとてもいい感じです。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18184035.jpg
シャトーから村に行く小道にはこのような案内があります。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18184840.jpg
雨の神様、サン・ジャンの像です。5月と9月に雨乞いの祭りがあります。
この神様がいるせいか、ボーセあたりは通り雨がよく降ります。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18190301.jpg
大体人口の少ない村ですが、人が住んでいるのかと思うくらいです。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18191935.jpg
石作りの村ってこんな感じです。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18194888.jpg
小さな教会の全景、鐘楼の鉄で作られているのがこのあたりの教会の特徴です。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18200118.jpg
いわゆる歴史的建築物にはこのように説明書きが表示されています。
フランス語が分かり、歴史も理解できていたらなかなか面白いと思います。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18201326.jpg
教会の鐘楼
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18202663.jpg
村の中の通りです。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18203555.jpg
役所の前に植えられているアイリスが花をつけていました。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18204904.jpg
高いところにある村の入り口にも必ず噴水があります。
南仏は湧水が豊かなところなのです。

岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18210385.jpg
昔はここで村の人が集まって洗濯をしたのでしょうね。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18224461.jpg
外から見た洗濯場
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18230078.jpg
村に上がる階段の歩道はきれいに手が入って補修されています。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18231101.jpg
日当たりの場所では山桜が咲いていました。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18232127.jpg
かつてお城があった部分。
岩の中の小さな村 ル・ボーセ【le Beaucet】_d0153860_18233219.jpg
教会が見える方はこんな感じです。 Le Beaucet いいところですよ!



# by mazan_scarabee | 2020-03-14 11:14 | マザン周辺 | Trackback | Comments(4)

緑の草の中に春の色

巷はコロナウイルのニュースが絶えませんが、マザンは人も少なく、気軽に外にも出られます。
久しぶりに2時間ほど散歩してきました。
時折吹く風はまだまだ冷たく寒く感じましたが、足元を見れば春が来ていました。
緑の草の中に春の色_d0153860_11145617.jpg
タンポポ、ムスカリがさいていました。
緑の草の中に春の色_d0153860_11151079.jpg
緑の草の中に春の色_d0153860_11160323.jpg
緑の草の中に春の色_d0153860_11155185.jpg
緑の草の中に春の色_d0153860_11153718.jpg
これはラン科の花らしい、でも名前はしりません。
緑の草の中に春の色_d0153860_11152833.jpg
小さな花がとてもかわいく咲いていました。
緑の草の中に春の色_d0153860_11151774.jpg
オリーブ畑の向こうはキャロンの村が見えました。昨日雨と風がすごかったので空気は澄んでいます。
緑の草の中に春の色_d0153860_11164528.jpg
すみれの花もありました。
緑の草の中に春の色_d0153860_11190467.jpg
白つめぐさのピンク版、ポンポンがかわいい!
緑の草の中に春の色_d0153860_11163393.jpg
すみれ

緑の草の中に春の色_d0153860_11155185.jpg
ムスカリ
緑の草の中に春の色_d0153860_11161521.jpg
今日は曇り空でお日様が出てなかったのですが、空気は澄んでさわやかでした。
緑の草の中に春の色_d0153860_11171708.jpg
村の中に入るとクロネコがお出迎え!
緑の草の中に春の色_d0153860_11173167.jpg
続いてトラ猫ちゃんも!

緑の草の中に春の色_d0153860_11174240.jpg
村の中から見た隣村の風景
緑の草の中に春の色_d0153860_11175293.jpg
村の中にも春の色が。。。
緑の草の中に春の色_d0153860_11195484.jpg
雪が降ったかのように白い小さい花が沢山咲いていました。

緑の草の中に春の色_d0153860_11194080.jpg
緑の草の中に春の色_d0153860_11180128.jpg
村の中は誰もいなくて少し怖いくらいでした。
緑の草の中に春の色_d0153860_11181186.jpg
泥棒除けに植えられているのか、南仏ではこの手のサボテンをよく見かけます。





# by mazan_scarabee | 2020-03-05 11:39 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)